夫婦

故障した農機具は買取業者に売却|即日査定も可能な業者

月に3~4回行なう手入れ

苗木

住宅の庭に天然の芝生がある家庭は、手入れをしなくてはいけません。毎日水やりや肥料を与えることでゴルフ場のような綺麗な芝生になるでしょう。芝生の長さも切りそろえてあり、一定の方向でカットすることで景観は良くなります。芝刈りの技術が向上すると、カットの仕方を変えて見た目の変化を楽しむことができます。綺麗な景観にするためには、定期的に芝生の手入れを行ないましょう。

芝生の手入れは大きく分けると3つしかありません。水やりと除草と芝刈りです。水やりに関しては、天候に左右される部分があります。雨が続く梅雨の季節は、頻繁に水やりをしなくてもいいでしょう。水をあげ過ぎると逆に良くないので、雨が続いているときは水やりしないようにしてください。そして、除草も大事な手入れです。芝生に雑草が生えているときは、抜き取りましょう。雑草をなくすことで綺麗な芝生になります。

芝刈りも非常に重要です。芝の成長速度は早くて、伸びすぎてしまうと景観を崩してしまうので適度な長さにカットしてください。カットすると住宅の庭の雰囲気が一変するでしょう。芝刈りは定期的に行なう必要があります。一般的には月に3~4回程度行なうと良いでしょう。しかし天候や土の状況、住んでいる地域によっても頻度は変化するので、常に芝生の状態をチェックして伸びてきたら芝刈りをするようにしてください。理想的な芝の長さは約2cmと言われています。芝が伸びてきたと感じたら、カットして庭の景観を保ちましょう。